山形県民医連(山形県民主医療機関連合会)は、民医連綱領にもとづいて無差別・平等の医療と福祉の実現をめざして活動しています。

山形県民主医療機関連合会
〒990-2331
山形県山形市飯田西1-2-30
TEL.023-631-3327
FAX.023-641-8937
 
qrcode.png
http://www.yamagata-miniren.com/
モバイルサイトにアクセス!
013085
 
 

ごあいさつ

ごあいさつ
 
本間病院(酒田市)、鶴岡協立病院、鶴岡協立リハビリテーション病院(鶴岡市)、至誠堂総合病院(山形市)の4つの病院や10診療所(1つは歯科)、4薬局、3訪問看護ステー ション、4老人保健施設、などの事業所が加盟しており、民医連綱領にもとづいて無差別・平等の医療と福祉の実現をめざして活動しています。無差別・平等の 理念にもとづいて差額ベッド料は徴収していません。また社会福祉法にもとづく無料・低額診療を実施しています。阪神淡路大震災や東日本大震災などの災害時 には、医療・介護のボランティア派遣もおこなっています。
     
   
 

▼TOPICS

▼TOPICS
フォーム
 
医学生のつどいFirst Quarter 事前学習会開催
2017-06-16
 6月15日(木)18:00から県連事務所にて、6月24・25日の広島で開催される医学生のつどいFirst Quarterの事前学習会を開催しました。ソーシャルワーカーとして従事する中で経験した被爆者差別・部落差別のお話について学習しました。また、自身も広島で被爆し、被爆者治療と各廃絶運動に献身した肥田舜太郎医師のドキュメンタリーDVDを鑑賞しました。当時の映像や先生の話からあらためて核の怖ろしさを知り、感想交流を行っています。6月24・25日のつどい当日は、全国の学生とさっらに学習を深めてきたいと思います。
 
医学生・奨学生ナイトミーティング開催
2017-05-31
 5月25日(木)18:00~医学生・奨学生ナイトミーティングを開催しました。今回は、4・5月の連休に開催された東北の被災地・原発FWの参加報告会を行いました。東日本大震災から6年が経過した今、宮城・福島の復興の到達と抱えている課題。、そして青森の下北地方に建設中の大間原発に関する問題点について学習しました。参加した学生からは、「実際に足を運び自分の目で見るなどして情報に触れ続けようとすることが大事」という話がありました。アンテナを高くはって、世の中の動きや情報に目を向けていくことの大切さを再認識しました。
 
5月1日はメーデーです
2017-04-27
県連事務局員も第72回山形県中央メーデーに参加してきます!
右はアピールコンクールに応募するポスターです。
 
山形県民医連新歓企画を開催しました
2017-04-25
4月22日(日)に至誠堂総合病院にて山形県民医連新入生歓迎企画を実施しました。今回は講師に鶴岡協立病院副院長の高橋美香子医師を招いて、事例を紹介していただきながら緩和ケア医療に関する学習会を行いました。患者さんに寄り添い、その方にとっての幸せを考え実践する医療の事例がいくつも紹介されました。医師としての関わり、将来の医師像について考える機会になりました。学習会終了後は、昼食を食べ霞城公園に桜を見に行きました。天気にも恵まれ咲き誇る桜を満喫しました♪
 
そばを楽しむ会 in てんまの家
2017-04-25
 4月16日、酒田市中町にある有料老人ホームてんまの家(医療法人健友会)にて、「そばを楽しむ会」が開催されました。
当日は暖かな春の陽気。食欲も湧いてきます。職員がそばを粉から打ち、入所者の皆さんへ振舞いました。慣れないそば打ちに、はじめは延ばした生地が破れたりするハプニングもありましたが、お互い抜群の連携で無事にお昼まで間に合わせることができました。「そばの良い香りで美味しい。」「何杯でも食べられる!」などの声が聞かれ、皆さん夢中で頬張っていました。
てんまの家では季節の味覚として、他にも孟宗汁や寒鱈汁を楽しむ会が催されています。次の料理は一体何でしょうか?今からお腹が鳴ってしまいそうですね。
 

山形県民主医療機関連合会からのお知らせ

山形県民主医療機関連合会からのお知らせ
  2017-04-22 ジャンボリーの紹介を更新しました
  2015-07-30 ホームページをスマートフォン対応に、リニューアルいたしました。
<<山形県民主医療機関連合会>> 〒990-2331 山形県山形市飯田西1-2-30 TEL:023-631-3327