山形県民医連(山形県民主医療機関連合会)は、民医連綱領にもとづいて無差別・平等の医療と福祉の実現をめざして活動しています。

山形県民主医療機関連合会
〒990-2331
山形県山形市飯田西1-2-30
TEL.023-631-3327
FAX.023-641-8937
 
qrcode.png
http://www.yamagata-miniren.com/
モバイルサイトにアクセス!
020316
 

ジャンボリー(JB)の紹介

 

ジャンボリー(JB)とは

ジャンボリー(JB)とは
 
ジャンボリー(JB)ってなあに??
 ジャンボリー(以下JB)とは元々「どんちゃん騒ぎ・ばか騒ぎ」という意味です。主に35歳以下の青年職員を中心に、学習会やレクリエーション、交流会などを行っています。青年らしく、学習するときは真剣に!交流するときは大いに騒ぐ!をモットーに元気に活動しています。
 山形県民医連でも、各法人でのJB活動が活発に行われ、県連としても県連JB実行委員会を中心に、新入職員を対象とした「県連新入職員JB」や県連内すべての民医連青年職員を対象にした「県連JB」の開催を通し、大いに交流しています。また、2年に1度開催される「全国JB」や「東北JB」にも企画・準備の段階から参加し、昨年の「第37回期全国青年JBin福島」(2017/9/24-26)には当県連から24名が参加し、全国の仲間と学習・交流を深めてきました。
 これからも「1人ぼっちをなくそう」と始まったJB活動のさらなる発展のため、さまざまな企画を準備していきたいと思います。ぜひ多くのみなさんの参加をお待ちしていますので、よろしくお願いします!
 

県連ジャンボリーを開催しました

県連ジャンボリーを開催しました
フォーム
 
県連ジャンボリーin湯野浜(2/24~25華夕美日本海)
2018-03-09
 2018年2月24~25日に鶴岡市湯野浜の華夕美日本海にて「2017年度県連ジャンボリー」が開催されました。今回は各法人から29名(医生やま10、健友会7、松柏会7、虹の会3、教育委員1、事務局1)が参加しました。
 1日目はアイスブレイク「わたしは誰でしょう?」、学習「全国JBin福島参加報告と県連JB総括」、レクリエーション「ボール運びリレー」、情勢学習「消費税とその影響」を行いました。夜は夕食交流会を開催し、グループごとに今後のJBでどのような活動を行っていきたいかなど発表し合い、レクリエーション「物当てゲーム」やカラオケなどで大いに盛り上がりました。
 今回の企画を通して、参加者からは『他法人の同世代のなかまとの交流が深まり、JBの楽しさを改めて実感した』という声が多く聞かれました。今年は「東北ジャンボリー」も予定されていますので、県連内のJB活動もさらに活発に行っていきたいと思います。
 

全国ジャンボリーに参加しました

全国ジャンボリーに参加しました
フォーム
 
全国ジャンボリーin福島(9/24~26)
2018-01-25
 2017年9月24~26日に福島県郡山市磐梯熱海温泉「ホテル湯の華」にて、「第37回JB期全国青年ジャンボリー」が開催されました。テーマスローガンは「みんなでこらんしょ、うつくしまふくしま~LINK37号 福島発 仲間とつむぐ明るい未来行き~」です。山形からも24名の青年職員が参加し、記念講演やフィールドワークをとおして、福島の過去、現在を知り、全国の仲間と一緒に未来について考えました。
 参加者からは「過密スケジュールでの運営はとても大変だったが、参加者が喜んでくれてよかった」「行く前は不安が大きかったが、多くの仲間と出会えてとても楽しかった」「帰ってきてからも同じ班だった人たちと連絡を取り合っている」「最近メディアでは福島の現状についての報道が減っているので、改めて復興の遅れなど福島の方々が抱える困難と原発の恐ろしさを学習できてよかった」「今までJBに関わっていない職員にも広めていきたい」などの感想がありました。
 

今後の予定

今後の予定
  2018-06-04 「東北ジャンボリーin宮城」(10月6~7日松島大観荘)開催準備中!
  2018-03-09 「全国ジャンボリーin岐阜」2019年9月頃に開催予定!
<<山形県民主医療機関連合会>> 〒990-2331 山形県山形市飯田西1-2-30 TEL:023-631-3327