山形県民医連(山形県民主医療機関連合会)は、民医連綱領にもとづいて無差別・平等の医療と福祉の実現をめざして活動しています。

  • 地域とともに、無差別・平等の医療福祉の実現を目指して。
  • あなたの笑顔がずっと続くために
山形県民主医療機関連合会
〒990-2331
山形県山形市飯田西1-2-30
TEL.023-631-3327
FAX.023-641-8937
 
qrcode.png
http://www.yamagata-miniren.com/
モバイルサイトにアクセス!
008399
 
 

ごあいさつ

ごあいさつ
 
本間病院(酒田市)、鶴岡協立病院、鶴岡協立リハビリテーション病院(鶴岡市)、至誠堂総合病院(山形市)の4つの病院や10診療所(1つは歯科)、4薬局、3訪問看護ステー ション、4老人保健施設、などの事業所が加盟しており、民医連綱領にもとづいて無差別・平等の医療と福祉の実現をめざして活動しています。無差別・平等の 理念にもとづいて差額ベッド料は徴収していません。また社会福祉法にもとづく無料・低額診療を実施しています。阪神淡路大震災や東日本大震災などの災害時 には、医療・介護のボランティア派遣もおこなっています。
     
   
 

▼TOPICS

▼TOPICS
フォーム
 
介護管理者養成研修を開催しました!
2017-01-31
2017113日(金)~14日(土)の2日間、天童市の舞鶴荘にて【山形県民医連第39期介護管理者養成研修会】を開催しました。今年一番の寒気と大雪のなか、県連内の5つの法人から、講師も含めて19名の参加があり、情勢学習・民医連の経営について・介護事業整備・介護安全・介護職教育指針・職場作りの6つの講義と、3回のグループワークを通して学習を行いました。更に夕食等の多くの時間で交流を図ることができ、前回から4年ぶりの開催とはなりましたが、県連内の管理者及びこれから管理の立場になる方々と学習・交流が出来た2日間でした。
 
ケアワーカー研究交流集会を開催しました
2016-12-06
20161127日(日)、鶴岡協立病院大会議室で『第13回ケアワーカー研究交流集会』を開催しました。この交流会は、ほぼ毎年開催され、情勢の学習や事例報告・交換実習報告・グループワーク・地域活動が行われています。今年は、午前に総合事業を中心とした介護情勢の学習、県連介護職育成指針の資料を使った教育制度についての学習、『民医連の介護・福祉の理念』にある5つの目標を、それぞれの目標にそって5つの法人から事例報告を聞く、午後は、その学習・報告内容を踏まえたグループワークと、地域行動及び署名活動を、37名の参加にて実施しました。
 
2016年度県連中堅職員教育が開催されました
2016-11-29
 1026()1124()2回に分け、県連中堅職員教育が開催されました。参加者は1回目が92(委員11名、講師1名、事務局1名含む)2回目が76(委員11名、講師1名、事務局1名含む)でした。午前は、平山秀夫県連事務局長より「中堅職員のみなさんに期待すること~憲法と民医連綱領を土台として~」としてご講演していただき、午後は「民医連綱領の目標を実現するために中堅職員としてやらなければならないこと」をテーマにワークショップを行いました。
 普段なかなか交流する機会の少ない他法人の職員と、それぞれの職場で中堅職員として行っていることや悩みを共有することができ、改めて中堅職員としての自覚と目標を持つことができたのではないでしょうか。
 
2016年度県連ジャンボリーが開催されました
2016-11-22
 11月19日から20日にかけて、天童市天童ホテルにて「2016年度県連ジャンボリー~New JB New Face New Generation~」が24名の参加で開催されました。他の行事と日程が重なり、例年より少人数での開催となりましたが、アイスブレイク、レクレーション、また学習企画「選挙に行った?-選挙制度と情勢を知り今後のJB活動を考える-」では意見交換を通して他法人の仲間と交流を深めることができました。来年度も、同世代の仲間で集まり、学び、楽しく交流できる機会を少しでも多くつくっていきますので、多くのみなさんの参加をお待ちしています!
 
過労死等防止対策推進シンポジウムが開催されました
2016-11-15
 11月12日(土)過労死等防止対策推進シンポジウム(山形JAビル)が厚生労働省の主催で開催されました。
 はじめに石沢敏昭氏(厚生労働省山形労働局)より山形県内の取り組みが報告され、菅原保先生(健友会本間病院院長・山形産業保健総合支援センター相談員)、脇山拓先生(弁護士・過労死弁護団全国連絡会議・過労死等防止対策推進全国センター幹事)、勝見忍さん(山形県労連事務局長)によるパネルディスカッションが行われました。これまでの過労死110番のあゆみと過労死対策や、ブラック企業アンケートへの回収集約、そして過労死等防止対策推進法の制定などについてご紹介していただきました。
 東京会場では、去年、過労のため自殺した、電通の元社員、高橋まつりさんの母親が講演し「経営者は大切な命を預かっているという責任感を持って本気で改革に取り組んでもらいたい」と訴えています。今後、このような悲劇が起こらないよう、法律・相談体制の整備が進められていますので、多くのみなさまにこのような活動を広めていければと思います。
 

山形県民主医療機関連合会からのお知らせ

山形県民主医療機関連合会からのお知らせ
  2015-07-30 ホームページをスマートフォン対応に、リニューアルいたしました。
<<山形県民主医療機関連合会>> 〒990-2331 山形県山形市飯田西1-2-30 TEL:023-631-3327